黄昏将棋所

級位者によるメモ

ウォーズ初段になりました

スタートから初段になるまでを振り返って、やってきたことや思ったことを書いていき他の方の参考になればと思って書いています。 期間的には2年弱の達成となったので結構早くの到達となりましたが、一時期はほとんどのプライベートを将棋に割いていたぐらいやってたので期間的な所は無視していいです。 きちんとした文章は書けないので、適当な感じで書いていきます。

【棋風】 オールラウンダー オールラウンダーになった99%の理由は相がかりが分からないからです。

【得意戦法】 横歩取り勇気流 後手番四間飛車(初段到達時に一番勝率が高かった。先手番は指しません)

【前提】 個人的な意見かもしれませんが、強くなりたい大人は理論から入った方が良いです。 実戦で強くなれればいいですが、負け続けると楽しくないですからね。 それならある程度理論から入ってというのが自分の考えです。 あと、教室いけるような人は行った方が仲間出来るしモチベーション出るしでおすすめします。

ちょこちょこ大人でもいける教室はあるので、探してみてください。

【初段になるために役に立ったこと】 ここでは初段になるために役に立ったことをつらつら書いていきます。

1.実戦 最終的にはほとんど研究とか勉強せずに対局ばっかやってました(そこまで時間取れなかったというのが大きい)。 基礎力がそこそこあるなら自分の今の限界と思われる達成率まで対局ばっかしてる方が良いかもしれません。 実戦では最初の指し手と応手は毎回決めてやっていました。 ちょろちょろ形変えるよりもある程度の決まり事を作った上でやりましょうってことです。 決まり事がないとあんまり強くなれないと思ってます。 (ルールを決めるまではうろちょろしてても問題ありません。一番楽しい戦法を選ぶのに勝るものはありません。)

2.駒落ち戦 下手も上手も結構な数持っていますが、両方ともとても役に立ちました。 ・上手 どうやったって駒が足りないので全部は受かりませんがその中の最善を選ばないとすぐに崩壊してしまうので受けの力が身に付きます。

・下手 自分はプロとの駒落ちは4枚落ちからスタートしましたが、初段辺りだと2枚落ちで良い勝負ぐらいが相場ですしそんな感じです。多面でたまーに勝てるぐらいが初段でもありますが、それもそんな感じです。 駒落ち定跡を覚えた方が良いかという話題を良く耳にしますが、自分は覚えておいた方が圧倒的に良いと思ってます。 利点としては「どのプロと指導対局しても同じ形になりやすい」「他の人の対局で参考になりやすい」が大きな理由です。 相手の応手が限られるのもあり難しい定跡ではないのでさっくり覚えてしまいましょう。 平手に役に立たないという意見もあるかと思いますが、平手に役立つことの方が明らかに多いです。

話が横道にずれたので戻します。 駒落ち下手の利点としては「正しい攻めを行う必要がある」「なんか良く分からない手がとんできた時の対処がうまくなる」というのが大きいかなと思います。もちろん他にもありますが、大きく思いついたのがこの2つです。

それぞれ説明していきます。 前者は簡単なことで、上位者に対して間違った攻めをしても通用しません。同じくらいのレベルであれば間違えても通用することがありますが、上位者には絶対に通用しません。 えいやっと適当な手を指すのではなく読んで正しい手を指して勝ちを得るという経験はとてつもなく財産になります。 特に2枚落ちとかちょっとした緩手でも敗着になりえてしまうので(なんでやねんと毎回思います)、本気で読んだら終わったことには正直ぼろぼろです。 後者は何が言いたいかというと、駒落ちは上手が勝てるようなものではありません。当たり前ですが。 そのためプロでも勝負手を放ってくることが多々あります。 そして、こちら側では読めない手を放ってきます。 それが対処しなければいけないものなのかとか放置してよいものなのかとか判断しなければいけません。 最初はよく混乱しましたが、回数を重ねると結構慣れてきます。 どうやっても全部読める訳ではないので、この経験は(しかもプロが放ってきた手)平手でも

3.詰将棋 3手はほぼ確実に5手はまぁまぁ分かるというレベルで問題ありません。 ハンドブックを何週もしてれば良いので手軽に出来る勉強でおすすめできます。

【初段になるために役に立たなかったこと】 1.棋譜並べ 自分が合わなかっただけかもしれませんが、全然役に立ちませんでした。 何回か並べたことがありますがすぐに辞めてしまいました。

プロの指し手は解説が全部に付いてないと正直分かりません。

2.コンピュータ研究 こっちも途中でやめました。 初期の技巧で幾つかやりましたが、記事にしたやつ以外は課題局面もなかったので、ブログの記事以降はやっていません。 課題局面が出るようなレベルまでやる必要はないかと思います。

【初段になるまでに使った戦法】 それぞれ得意戦法があると思いますが、居飛車党だと色んな戦法をどうしても指さないといけないので自分が使っている戦法について書いておきます。 勉強は基本本でやっていたので、おすすめの本も一緒に書いておきます。

1.先手 絶対7六歩をついてました。 基本居飛車しかもちません。

・対うそ矢倉 右四間飛車を使ってました。 居角左美濃にするかは流れです。

居角左美濃の勉強は慎太郎先生の本が名著すぎるのでおすすめします。

・角換わり ほとんどなりませんでしたが、なったときは腰掛銀にしてなんとなく指してました。 研究してましたが、なんちゃって4五桂速攻とか研究してないけど最新形!というミーハー感でやってます。

角換わりの本は西尾先生と中村太一先生の本がおすすめです。 古い形ですが、戦法の基礎を学ぶのにうってつけです。

横歩取り 勇気流一本です。最初は普通の形を指してましたが、 指向すれば

横歩の本は野月先生の本がおすすめです。 あの系統の本では一番良書だと思ってます。

・一手損角換わり 早繰り銀で対抗しています。 分かりやすくて勝てるのでこれで良いと思ってます。

一手損の本は対抗する側の視点で書かれていないものが多くて対策には困りました。 角換わりの西尾先生の本の中に少し書いているのでそれをベースにしています。

・相がかり 指しません。

・対ノーマル四間飛車 銀冠穴熊にしてます。普通の穴熊は級だと指しこなせません。

本は増田先生の本ですね。 これは良く同じに形になるので大変助かりました。

・対角交換四間飛車 結構勝率が悪くてこまっていますが、矢倉で対抗しています。 正直そこまで対策たてられてなくて頑張るとしか言えないような状況で戦っています。 本もこれだっていうのが無くて困っているところです。 (大石先生の本はまだ未読)

・対ノーマル三間飛車 持久戦だとなぜか全然勝てなくて急戦やるようになりました。

割くページ数は少ないですが畠山鎮先生の本で簡単に勉強してなんとなくで戦ってます。

・対向かい飛車 これも銀冠穴熊で対抗しています。 ただ、ほとんど当たらないので決め事が実戦で役に立っていない感じです。

知り合いでも使い手一人しかいないんですよねぇ・・・

・対ゴキゲン中飛車 どんな形になっても超速からの二枚銀で対抗しています。 形決めてやるやり方をとっているので、これだけで意外と勝率稼げてます。

これは畠山成幸先生の本で勉強しました。 これだけあれば大丈夫なくらいです。

2.後手 相手は2六歩なら3四歩から振り飛車、7六歩なら8四歩から居飛車でやっています。 相手の戦法が限られるので最終形としてこのルールとなりました。

・対矢倉 居角左美濃で対抗しています。

・対角換わり 後手もなんとなく最新形で対抗しています。

・対原始棒銀 ノーマル四間飛車で対抗しています。 これは勉強してなくて良くわからないけどとりあえずこんな感じで!っていう感覚でやってます。

最新の藤井猛先生の四間飛車上達法に対策書いているという話なので、今度読みます。

・対ノーマル四間飛車 飯島流引き角戦法でやっています。 勝ちやすい戦法なので、かなりお勧めできる戦法です。

戦法開発者である飯島先生の本がリバイバルされたのもありこれでといいたいのですが、最初ちらっと読んで後は流れで頑張っています。

・対ノーマル三間飛車 後手でも急戦で頑張っています。 三間飛車党の人って持久戦に慣れている感じもあるので、急戦の方が勝ちやすい気もします。

・対石田流 三手目6二玉型から持久戦目指して頑張っています。 正直あんまり得意ではないので、もっと良い戦い方を知りたいと思ってます。

本はこれっていうのがない感じです。

・対先手中飛車 居あい抜き超速からの二枚銀でやってます。 なんとなく同じ感じで攻めていけるので採用していますが、さすがに二枚銀じゃない戦い方をそろそろ知る必要がある感じです。

丁度上村先生の本が出たばかりなので、これで勉強しようと思ってます。

・対向かい飛車 対戦したことがない件について。 なので対策全くしてません。

【最後に】 とりあえずつらつら書いてみました。 1mmでも役にたてばと思います。