黄昏将棋所

級位者によるメモ

居飛車対早石田序盤対策を技巧先生に伺ってみた

今回の目的

本で読んだ対策と違う手を良く指されて負けるので、色々考察してみます。
基本的には乱戦上等な感じの序盤を指された時の対応となります。

ルールは前回と同じく技巧先生に1分は考え貰いました。

基本図

f:id:tasogarei:20161110221053p:plain

・初手から ▲7六歩 △3四歩 ▲7五歩 △4二玉 ▲7八飛

5手目6六歩がおだやかになる手順で定跡的にはこちらなのですが、全然その形になりません。
4手目6二銀とすると6六歩じゃなくて7八飛で良かった記憶がありますが、4二玉型にもこの手順で来る人がとても多いです。
基本的に乱戦になるので、ちょっとしたミスで終わる将棋になりやすいため、きちんと覚えておきたいですね。

ちなみに6六歩とされて角道が止まったら左美濃に組んで8筋伸ばして6三銀型を作るのを目指して一局です。

技巧先生に伺った手順(その1)

  1. △8八角
  2. ▲同銀
  3. △4五角 -> この筋違い角の受けがなく馬がタダで作れます
  4. ▲7四歩 -> 3六角は口述します
  5. △同歩
  6. ▲5五角 -> 飛香の両取り
  7. △3三桂 -> 飛車には銀の紐が付いてるので、これだけで守れます。4二玉型にした効果です
  8. ▲5八玉 -> 飛車を守る手です。5八金や8二角は後述します
  9. △2七角成
  10. ▲7四飛
  11. △7三歩
  12. ▲3四飛 -> 同角成から竜作る手順は後述します
  13. △3二金
  14. ▲3六歩 -> 馬を閉じ込めにかかってます
  15. △5四歩
  16. ▲7七角 -> 同飛は△3六馬が飛車当たりで▲3四飛 △4五馬が飛角両取りで後手良しです
  17. △2六馬
  18. ▲3五飛
  19. △3四歩
  20. ▲6五飛 -> ▲同飛車は△5三角です
  21. △5三馬
  22. ▲8六角
  23. △4四歩
  24. ▲3八金
  25. △8六馬
  26. ▲同歩
  27. △6四歩
  28. ▲同飛
  29. △5五角
  30. ▲6六飛
  31. △同歩

ここまでとします。
評価値はここまででほぼ0に近く互角となっています。

ここからの将棋ですが、ちょっとしたことで形勢は触れるので注意が必要な局面です。

4手目△7四歩に変えて3六角

  1. ▲4六角 -> お前馬作るならおれも作るぜって手ですね
  2. △6七角成 -> そんなの関係なく作り合いです
  3. ▲6三角成
  4. △6二飛 -> 見えづらいですが、好手です
  5. ▲同馬 -> ▲8一馬は△4九馬から竜作られて大惨事です
  6. △同銀
  7. ▲5八金右
  8. △6六歩 -> 継続手です。馬を取られてもと金が残った上に飛車あたりの先手です
  9. ▲6八歩
  10. △7八馬
  11. ▲同金
  12. △4五角
  13. ▲5六角
  14. △2七角成 -> △4九飛までの詰めろ
  15. ▲4八金
  16. △7二馬

ここまでとします。
△6二飛の好手から始まり、後手の技が光る手順になりました。
この手順を知っていればばっちりですね。

8手目△5八玉に変えて▲5八金

  1. ▲5八金 -> 疑問手でした。8八にいる銀が浮いてるのが痛いです
  2. △2七角成
  3. ▲7四飛
  4. △4五馬
  5. ▲8二角成
  6. △同銀
  7. ▲7二飛打
  8. △同金
  9. ▲同飛車成
  10. △5二飛車
  11. ▲8一竜
  12. △6四歩
  13. ▲6一竜
  14. △5一金
  15. ▲6四竜
  16. △5五角
  17. ▲同竜
  18. △同馬
  19. ▲7八金打

ここまでとします。
▲8八の銀が浮いてるのが辛く大駒3枚を後手に渡して居玉ので、この順番はない感じですね。
評価値的には後手+300点ですが、先手側は最善手を指すのは難しそうです。

8手目△5八玉に変えて▲8二角成

  1. ▲8二角成 -> 飛角交換はいけるという判断
  2. △同銀
  3. ▲5八玉 -> ▲5八金は以下略です
  4. △2七角成
  5. ▲7四飛
  6. △7三銀
  7. ▲7六飛

手数が短いですが、ここまでとします。
なんか石田流ぽくした感じに合流しました。
相手は飛車2枚あるので、そこに注意しながら左美濃に組んで、馬を上手く作りたい感じです。
先手は中住まいに構えてバランスをとる感じですね。

思ったより難しい将棋になりそうな感じがしますが、馬を自陣で使っていける後手側の方が指しやすそうです。

12手目△3四歩に変えて▲7三角成

  1. ▲7三角成 -> 無理矢理竜を作りに来た手順を見てみましょう
  2. △同桂
  3. ▲同飛成
  4. △9五角

以上王手飛車取りでした。

最後に

しばらく課題局面だったこの乱戦ですが、今回をまとめてる最中にも早石田やってくる人には頻出しました。
つまりは級位者だと覚えておいた方が良い局面となっていると断言できるものと思っています。

居飛車党みなさんの役に立てれれば幸いです。 ちなみに4手目△4二玉以外も勉強しましたが、この手順が一番楽だったのも合わせて覚えていただければと思います。

4手目△6二銀とか△8五歩早突きとかも本に書いてたけど、訳分かりません・・・

今回使用したソフトやサービス

将棋GUIソフト「将棋所」のページ