黄昏将棋所

級位者によるメモ

始めたばかりの時にざっくり終盤を勉強した時に使った本

前に紹介した序盤の本の終盤編ですね。
序盤の本も分かりやすく丁寧な作りになってて、寄せ/詰めろ/必至までの考え方を一通り勉強することが出来ます。
攻めだけではなく受けについても書かれているのがとても素晴らしくこの1冊だけで終盤の基礎は十分といっても過言ではありません。

先に詰め将棋のアプリ紹介とかしてしまいましたが、まずはこのような終盤をざっくりと勉強してからの方が良い結果になるでしょう。
ソースは私ですね。
詰め将棋やりながら学べばいいやと思ってやり始めたのですが、案の定解けなかったのです。
そうした経験からこのような本を探していてこの本の出会うことが出来ました。
そしてこの本で勉強してから詰め将棋(もちろん1手詰めからやり始めてます)を始めて、3手詰めまでは結構すぐに出来るようになりました。

やはり、先人の考え方を知るというのは重要なのです。